"JOE LALLY"来日ライブ中止の真相!!??

f0004730_1851931.jpgf0004730_1851931.jpg
f0004730_181144.jpg6月の"JOE LALLY & ZU"による日本ツアーが途中で中止に成ってしまいましたね~!!
残念でした、本当に!! 高知で"JOE LALLY"が見れるなんて夢にも思って無かったから(T_T)

結果的には残念な結末に成りましたが、夢は見せてもらいました~(笑)
以下は、今回のツアーを企画したシノ君からの"STATEMENT/声明文"です!! なかなか揉めてますね(笑)
ゴチャゴチャ言うのは簡単ですし、失敗した奴を笑うのは楽しいでしょう!!
でもね、何もしてない奴が頑張ってる奴を蹴落とすのはどうなのかな?? やってからモノ言えです!!
失敗は成功の元ですから!! シノ君には今回の失敗を軽く帳消しにするぐらい頑張ってもらいたいと僕は思っています!!



まず、Joe Lally の父上が亡くなられたことに心から御悔やみ申し上げます。
慎んで御冥福を申し上げます。

Joe Lally,Zu,
共演してくれた、また予定していた日本のバンド、
また観に来てくださった、また来てくださる予定だったお客様に御迷惑をおかけしたことに対し深くお詫び申し上げます。

今回、Joe Lally,Zuのステートメントにあるように、僕が、彼等が万全な状態を保てるツアーを実現させることができなかったのは事実です。
また、僕のコミュニケーション能力の足り無さから、Joeの父上の事が起きたその時まで彼等のそういったストレスに気付くことが出来ませんでした。
その後、さまざまな場所で協力してくれた人達と話していくなかでさまざまな御指摘を受けながらそうした事に気付き、現在、深く反省しています。

また、ツアーがキャンセルになった時点での対応が遅れたり、不手際が多々あったことも重ねてお詫び申し上げます。

僕の数々の細かい失敗やコミュニケーションの努力の足り無さでJoe Lally&Zuを怒らせてしまったことも事実です。彼等に謝罪に対する気持ちを伝えてはいますがまだコンタクトがうまく取れていません。

僕はJoe Lallyを招聘するにあたって僕が本当に尊敬するJoe Lallyのツアーを、僕の全てを注いで成功させたいと思っていました。前にBBSで、DIYと言う言葉を軽々しく使ってしまったことでその意味の深さから誤解を招いてしまいましたが、僕が考えていた成功というのは、できるだけ沢山の日本の人々に、無理のない値段で、Joe Lally&Zuの公演を観てもらいたかったし、そしてその上でJoeにもしっかりお金を持って帰ってもらいたいと考えていました。Zuのステートメント内にある、僕が「それはDIYじゃない」といったという内容の話に関しては、僕は本当に言ってはいません。そのようなニュアンスのやり取りもなかったです。何がどうしてそういう話になってしまったのか、もちろんZuのメンバーにも誤解を解きたいと思っているので謝罪とともに伝えようと思っています。

しかし、Joeとの来日前の事前のやり取りの中で、さまざまなツアーに関する日本の事情など僕の説明不足があった事は確かです。(日本のライブハウスのレンタル料、民家に宿泊することの了承は得たものの、日本の家の狭さをきちんと説明しておかなかったこと、など)また、JoeからZuにそのやり取りが連絡されていると僕が勝手に思い込んでしまい、僕からZuに個別に事前のツアー内容の確認をとっておかなかった事にも大きな一因があると思います。

19日に仙台まで車で移動する前に車の大きさの件で最初に忠告された時から、僕は彼等のストレスに対してもっと敏感にならなければいかなかったと思います。仙台に着いてからは、リハーサルしていた時にベースアンプが壊れていたか、調子がよくなかったので僕はJoeからベースアンプを揃えてくれないか?とお願いされました。しかし、僕はそのベースアンプを揃えることができませんでした。それによって僕は彼に不信感をさらに募らせたことと思います。また、その日の打ち上げに僕は参加してなかったことで、彼のケアをできなかったことも事実です。またそのことで仙台の関係者にご迷惑おかけしたことは大変申し訳ありませんでした。すいません。

20日の朝ですが、僕は起きてからJoeと話をしていた時に、「父親が危篤でもう死ぬかもしれない」と聞かされました。僕はそれでJoeにツアーをキャンセルしたらどうなるのか?と尋ねられたので僕は「日本のシステムだと急にライブをキャンセルしてしまうと多額なお金を払わないといけない」と言いました。しかし、Joeはそのキャンセル料を自分で払わないといけないと思ったみたいで僕はJoeに勘違いをさせてしまいました。
山形に着いてからですが、仙台では足りていた変圧器が1つ足りなかったことに気付き、僕は変圧器を買いに行きました。その間、彼のリハーサルもできず、また彼を放置してしまったことは大変申し訳ないと思っています。また、僕が変圧器を探している時にShiftの船山氏がJoeの相談に乗ったり、ホテルの手配等をしてくれました。相談の内容というのは、日本のライブハウスのシステムについて話をしたり、父親が危篤であると言ったことを話していたようです。そして、その後に僕は変圧器も買うことができずにライブハウス戻ってきてから、すぐにJoeに呼ばれて、「お前は全然ケアができてないからダメなんだ!俺に近づくな!」と言われまし た。その時のJoeは激怒していて、話ができる状態ではありませんでした。
前の日まで仲良く話ができていたのに、と思って僕は本当に驚きました。でも、今振り返ると、僕の数々の失敗を我慢していてくれていただけなのかもしれません。

そこで完全に動揺してしまった僕のかわりにJoeとZuを夕飯に連れていってくれたり、東京までのケアをしてくれたShiftの船山氏におわびと感謝を伝えたいです。そして、Joeのライブが終わってからすぐに僕はJoeに「後で話があるからホテルの前まで来て!」と言われました。そして終わってから彼の居るホテルまで車で行きまして、そしてJoeが出てきまして「父親がもう死ぬと聞かされてから、もうツアーするには限界だから明日には帰るからキャンセルする」と申告されました。そしてツアーのキャンセルが決まりました。しかし、僕はその時点で父親が死ぬからツアーがキャンセルになると勘違いしたこともあり、BBSでは父親が危篤で~と書いてしまいました。でも、実は僕がJoe&ZuのことをケアできなくてJoeがそのことに我慢できず帰ってしまったと言うことを後から話を聞いて知ることとなり僕は本当に自分の不甲斐なさを反省するほかありません。

そして、次の日に彼は新幹線で東京に戻るはずだったのですが、荷物が多いので新幹線で帰ることは困難と判断したみたいで、Joeは車で帰ることとなり、僕は新幹線で東京に戻ることになりました。僕とJoeが一緒に帰れなかったのはJoeが僕に怒ってたと言うほかはありません。

また、ツアーがキャンセルと決定してからライブハウス側、出演者等にも連絡が遅れてしまったこと、チケットの払い戻しの対応に遅れてしまったことも自分としては本当に情けなく不甲斐ない気持ちでいっぱいです。大変申し訳ありませんでした。

今回Joe&Zuが帰国してしまってから各地を回っているなかで、いろいろな人に正しい指摘を受けながら協力していただいた事に感謝しています。本当にありがとうございました。

各地を回りながら口で今回の事を説明していくなかで、僕の頭の中でうまく整理しきれていないことをそのまま話してしまったり、金銭的な話でどんぶり勘定したような事を話してしまい結果的に僕の都合のいいような嘘になってしまったり各地オーガナイザーに話した事に食い違いが出て混乱を招いたりしてしまい、その事も後から指摘を受け、反省しています。すみませんでした。

僕は今回、起きてしまったこと、いろいろな人からの指摘を全て受け止めて、二度とこのようなことがないように精進していきたいと思います。

本当に申し訳ありませんでした。

最後にご迷惑をおかけしました&ありがとうございました。
Joe Lally,Zu,吉村秀樹,にせんねんもんだい,Z,ヒロカワ氏,Red Sky,Nozaki Sakura,サカイ氏 & Make Mention Of Sight,Flex,船山氏 & Shift,About Me,Mizm,Neon & Straight,What Ever Film,マヒルノ,モルタルレコード山崎氏,54-71,Mouse On The Keys,牧野氏,P-Heavy,Ogre You Asshole,Hununhum,Gura,Spec Up鈴木氏dOPPO,Kitoraku,The Drippers,Up & Coming,bed,葉っぱの裏側シスターズ,井上氏,Dakota Apt,Ghost And New Order,ヒルコ,黒い分度器,不良外人,古賀氏,tepPohseen,ドグラマグラ+Ryosai,マクマナマン,I Want City,キム氏,Naf,zOoOoOm,Squimaoto,Extacy & My Friends,森川氏,Herpiano,Flex Eye,Papiro,For Us Get To The Light,西村氏,Naht,Spiral Chord,Dotlinecircle加藤氏,ライブハウスならびにライブハウス関係者 and お客様.

2007/7/9 篠原
[PR]
by k-clubbarmyarmy | 2007-07-15 18:26 | GIG | Comments(0)
<< 優しさとは決して弱さじゃないけ... 退屈な日常をブッ壊せ!! つま... >>