"犬風"がドーーーーン!!

f0004730_15575143.jpgf0004730_15575143.jpg
★ 犬風 / 裸足の時代 LPx2 5800円(6264円)

"犬風"である!!

"CHAOS KOCHI"の東京支部長なのである!!
支部長たって、支部員は彼だけなのだが………(T_T)ガオーー!!

「裸足の時代」と題されたアナログLP二枚組み12曲収録の一撃!!

全編に渡ってアコースティックギッターーと"犬風"氏の声のみで一発録りされているワケだが
ライブでも御馴染みの名曲群が、異常な緊張感と静寂感を孕ませながらドンドンと進む正に「犬風劇場」なのである!!

アナログレコードならではの暖かい音質も絡み、流石の仕上がり!!
"Side-D"のみピアノ弾き語りのライブ音源(10年前!!)なのだが、それもまた素晴らしくクスんだ煌きを放つ!!

アコギでの一発録り音源も「土星」のレコーディング以前のモノらしく、2017年現時点の"犬風"では無いのだが
それでも"犬風"と言う男の素晴らしき音楽が、最高の形でキャッチされている逸品だと………

犬風氏のアコギアルバム、いつか作りたかったのに「ヤラれたーーー!!」って感じ(笑)

アナログレコード二枚組、ポスタージャケットに犬風ステッカーも同時封入された最高級な"犬風"ファンへの贈り物!!
完全限定150セット!!

当然の如く、メガトン大推薦!!

収録曲 :
Side-A 隣人 / オムライス / 海岸の歌 / 種
Side-B ぶたのはな / 裸足の時代 / Hubble
Side-C 山の向こうで鬼が泣く、鬼の子供も泣いている / つながるロウソク / 肉の再生
Side-D 慈悲 / ボクを野放しにしよう




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



(↓) コチラも絶賛発売中!!

f0004730_144431.jpgf0004730_144431.jpg
● 犬風 / 土星 CDx2 2000円(2160円)
CHAOTIC NOISE RECORDINGS - 022 (*2014年11月20日リリース作)

大好きな高知で
大好きなカオティックノイズで
土地の空気と戯れながら
ただ思うままにうたいました

ボクは十分に楽しみましたので
あとはアナタに委ねます
< 犬風 >




大阪を拠点に精力的に活動を続けるカルトシンガーソングライター"犬風"!!

サイケデリックかつドローン的なギターと、そして魅力的に歌われるその言葉の数々!!

コレまでに自身のレーベル"キコリレコード"より数多くのカセット作品をリリース!!
昨年、意外にも初のCD作品として同レーベルより発表された「受胎」も、地道にロングセラーを続けているなか放たれた本作!!

高知"CHAOTIC NOISE"にてジックリと時間をかけ録音/ミックスされた全14曲CD二枚組と成る大作にして名作!!
約20年に渡る音楽活動において紡がれた"犬風"サウンドがココに集約されたと言っても過言では無い完成度!!

多くのロック少年が辿り着きたくても辿り着けなかった極地に、遂に"犬風"は辿り着いたのだ!!
全ての永遠のロック少年に捧ぐ!!



★ 犬風 プロフィール
犬のブルース
荒野のブルースマン

90年代後半よりギター一本弾き語る
現在は大阪を拠点に全国を駆け回る
うたと旅の日々

★ 収録曲
Disc-1
1. 山の向こうで鬼が泣く 鬼の子供も泣いている
2. ローズマリー
3. 灰色の境界線
4. あたらしい星
5. clover
6. 奴はボクの友だちだった
7. 隣人

Disc-2
1. tibetan dogs
2. おかえり
3. みなも
4. 土星
5. バタフライクライ
6. コロシのメロディ
7. hubble



"犬風"君に"忌野清志郎"を感じるのは僕だけだろうか!!??
「一体何が??」って思う方も多いでしょうが、臭いと言うか………

フラッと現れてフラッと帰る
犬風"君とはそんな男だった………

最初はホントにそんな印象で

ただ何となく気に成る存在でも有ったワケで、この辺が"出逢い"の微妙な部分で、「出逢ってしまった!!」ワケです!!

2014年は約一年間、色々と話したりライブ見たりしたのですが、それでもナンだか掴み所が無いと言うか間口が広いと言うか
実は狭いと言うか………
ホント、良く解らないのです(笑)

それでも彼の放つ"歌"であったりギターであったりには、
もう完全に心を鷲摑みにされているというね!!

スッと入ってきてズーーっと居るって言うか、ナンだか面倒な奴なのでっす、"犬風"君って!!

カオティックノイズでレコーディングされた、この二枚組の作品が爆発的ヒットを飛ばす事はまず無いでしょ(笑)
でも、何人かの"好き者"には永遠に聴き次がれて行く作品に成ったとボクは思うんです、きっと!!

< CHAOTIC NOISE / 井上 >

[PR]
by k-clubbarmyarmy | 2017-03-08 16:27 | noise | Comments(0)
<< "FORWARD&q... いよいよ明日!! コリアンHC... >>