いよいよ明日でっす!! "Phew"姉さんがドーーーン!!

まさか"Phew"姉さんが此処"CHAOTIC NOISE"のステージに立つとは………

未だ信じられない感じで、気持ちもフッワフワッと………

30年以上前から、ボクは姉さんの歌声に殺られっぱなしだったワケで………

既に家の古いレコードとCDを店に持ち込み、明日のプチサイン会に挑む気満々!! くっくっく

沢山あるぜーーーー!! くっくっく

明日が楽しみで、楽しみでーーーーーーー!!

沢山の御来場、お待ちしておりまっす!!



そして、今回のライブは前後に講座/映画上映と三つのプロジェクトに別れています
時間の許す限り、全プロジェクトにご参加頂ければ幸いかと………!!!



★ 06月04日(木) [ WALK ONTHE WILD SIDE ]
PM 7:00 OPEN / PM 7:30 START
ADV 2500円 / DOOR 3000円

Feat : Phew / SeeBooZ


f0004730_16411546.jpg

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

そして、明日のライブ前に公開講座もありまっす!! くっくっく

コチラも合わせて楽しみましょう!!

★ 06月04日(木) 高知県立大学 永国寺キャンパス 教育研究棟 A109教室
PM 1:30 ~ PM 2:30 : 入場無料 / 予約不要

Feat :
Phew (音楽家) x 樋口泰人 (映画評論家 / boid代表)




今回の特別講座の内容はこちら (↓)

『ラジウム・シティ ~文字盤と放射線・知らされなかった少女たち~』

ラジウム・ガールズ :
1910~20年代アメリカ、時計の文字盤に夜光塗料を塗るペインターとして働き被爆した若い女性たちがいた。
筆先をなめて尖らせるよう指導された彼女たちは、その後、腫瘍や骨障害で苦しみ、多くが亡くなっていった。
『ラジウム・シティ』は内部被曝の存在が広く知られるきっかけとなったラジウム・ガールズの物語
その後の街に生きる人々を描いたドキュメンタリー作品。

本作に触発された"Phew"嬢は「ラジウム・ガールズ 2011」を製作!!

これらの作品に関わった音楽家と評論家に、20世紀の記憶と3.11以後の日本についてお話をうかがいます!!





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

そして、映画「ラジウムシティー」の公開も今週末に準備されておりまっす!!

★ 06月06日(土) 自由民権記念館 / 民権ホール

★ 第一回上映 10:00 ~ 11:45
★ 11:50 ~ トーク 「絶望の淵を越えて」 福島・関東・高知の母たちによるトライアングルトーク
★ 第二回上映 13:30 ~ 15:15

f0004730_16465234.jpg

by k-clubbarmyarmy | 2015-06-03 16:50 | GIG | Comments(0)
<< ドリカム ムーミンの日 >>