君が僕を知ってる

f0004730_1327442.jpg二人の無二の親友が、この数日で連続して父親を亡くしました
長い闘病生活を経て、向こうの世界へ行かれた故人はもとより、友人家族は大変だったことでしょう
当然、僕みたいな非力な人間は故人のご冥福を祈る事しか出来ないのですが………
二人に共通する出来事として、父親が亡くなる前にシッカリと人生の相方を決め父親に結婚報告をした事
この点は不幸中の幸いと言いますか、最後の親孝行と言いますか………
そして最大のピンチの際に心の支えが近くに居た事、それだけで二人は"救われた"のでは無いでしょうか!!??
ピンチの時にこそ救ってくれる人間!! 私等もそういう人間で在りたいですね!! STAY WITH ME!!






by k-clubbarmyarmy | 2011-11-29 13:18 | column | Comments(0)
<< 2011年12月も"... 二人歩記 >>