いよいよ日曜日に迫って参りました~~!! "サイケ奉行"でドーーン!!

● 06月26日(日) [ WALK ON THE WILD SIDE ]
PM 6:30 OPEN / PM 7:00 NOISE : ADV 2000円 / DAY 2500円
feat : サイケ奉行 / dacota apartment / TEN-No.5

津山の親ビン(AMT / 想い出波止場...etc)率いる禁断の時代劇ブログレサイケロックス、遂に死国入り!!
この場所での"CHAOTIC NOISE"最後と成る"番長"シリーズ最終夜!!
どうにもこうにも反則スレスレな強烈面子による、暴走する"御奉行様"を見逃すなーーー!!
前売りチケッツ、絶賛発売中!!!!!

★ サイケ奉行
津山篤 : vo+g / 須原敬三 : b / 西滝太 : kb / 砂土島NANI : dr


(↓) このライブ映像、良く見たらヘラバラウンジやんっ!!

f0004730_1911171.jpgf0004730_1911171.jpg

(↓) コチラも絶賛発売中!! 見る前に聴け!!
f0004730_18101698.jpgf0004730_18101698.jpgf0004730_18101698.jpg
● サイケ奉行 / サイケ奉行 御出座!! CD 2000円(2100円)
二月末の"グルグル祭り"でも炸裂した我等が兄貴にしてロック番長"津山"氏率いる禁断のサイケ時代劇ロックス"サイケ奉行"感動の1stアルバム!!

オープニングから不穏な空気撒き散らしながらドップリとプログレにサイケロックしまくる「俺の暴れん坊将軍」にて聴く者全て即死!!
ズッビズビに歪みながら突き進むサウンドに絡む、氏の言葉!!
「俺の暴れん坊将軍を誰か止めてくれないか!!」っとの、まさに"男"津山氏そのままに(?)暴走する禁断のナンバーにてスッタート!!

その後も聴く者全てを唸らせるハードロッキンな暴走に笑ったり泣いたり………
いやっ、正直もっとふざけたバンドかと思ってましたが聴いてブッ飛びました!!
単純にカッコEEeeeeeeeーーーー!!

ベースには今春の"埋火"ライブでも強烈なプレイを見せつけたお馴染み"ギューンカセット"社長スハラ氏!!
そして"CHAOTIC NOISE"には"サスペリア"にて炸裂しまくった"PARA"の鍵盤"西"氏!!
で、もはやアングラシーンのマスコットボーイと化した、みんな大好き歌って踊れる異能ドラマー"NANI"氏!!

そう、もはや反則とも言える強烈メンバーを率い、やりたい放題に暴走するロック番長"津山"氏渾身のロック魂を体現せよ!!
メガトン大推薦!!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

(↓) コチラの"CHAOTIC NOISE RECORDINGS"よりドロップされた名作も絶賛発売中!!
f0004730_14451181.jpgf0004730_14451181.jpg
● Atsushi Tsuyama / 50000000 spirits or the slayers of the ginger CD 2000円(2100円)
ウギャーーー!!
"CHAOTIC NOISE RECORDINGS"記念すべき10作目に登場するのはーーーーガガーーン!!
みんな大好き"津山篤(ACID MOTHERS TEMPLE / 想い出波止場 / サイケ奉行......etc)"でドーーン!!

兼ねてから氏の爪弾くアコースティックギターから飛び出す哀愁全開のメロディーに、「ズキューーン!!」されっ放しの漏れっ放しだった私!!
昨年春、東京でのアシッドマザーズ祭り時にブン殴られる覚悟にて、「お、おやびん、本気のアコギ作品出しましょ!!」っとのオファーを………
そしたら我等がロック番長、軽くOKを……ウギャーーー(T_T) す、す、す、す、素敵やん!! そして、泣けるやん!!

で、届いたのが本作「50000000 spirits or the slayers of the ginger」!!
オープニングから炸裂する哀愁の津山節にて、思わず嗚咽………

いやっ、正直、津山さんの事やから"本気のアコギ作品"っと言いながらも………(汗)って思ってた自分が馬鹿だった!!
本気も本気!! メガトン哀愁全開な"津山篤"渾身の一品がいまコノ手に………

何が本物で何が偽物かわからぬこの世に、本物と偽物の間をしたたかに行き交う津山篤が遂に本気だしよったあ!!
なんじゃあ?
なに人じゃあ?
泣かしたろかあ?
バイトで想い出波止場とアシッドマザーズテンプルやってるらしいで.........




[PR]
by k-clubbarmyarmy | 2011-06-24 05:48 | GIG | Comments(0)
<< 何百回も何千回も貴方とこうして... "NURSE WIT... >>