お馴染"秘境シリーズ"でドーーーーン!!

f0004730_19364597.jpgf0004730_19364597.jpgf0004730_19364597.jpg
● V.A / PRINCESS NICOTINE : Folk and Pop Sounds of Myanmar (Burma) Vol.1 LP 2500円(2625円)
当店お馴染み"SUN CITY GIRLS"の好き者"ALAN BISHOP"先生のレーベル"Sublime Frequencies"が2004年にリリースされた初期名作CDをゲートフォールドジャケのアナログ盤として再発!! その名も「ニコチン姫」!!(笑)
ミャンマー(ビルマ)の過去50年の音楽の歴史を遡って、名立たるアーティストが参加している本作品。
使用している楽器はほとんど特定できませんが、東南アジア、インド、中国と様々な地域の民族音楽をミックスしたかのような独自のリズムとメロディでミュージカルのように展開。
そんな中、恐らく唯一の西洋楽器であろうと思われるピアノの旋律が上手く溶け込み、温かみのある女性ボーカルと共に心地よいメロディーを聴かせてくれます。(全曲じゃないですよ(汗))
謎が謎を呼ぶ混沌リズムのカオストラックから、うっとり涅槃行きの極楽チューンまで収録した秘境シリーズの真骨頂的名作!!
ミャンマー恐るべし!!

f0004730_1614721.jpg● V.A / BUSH TAXI MALI CD 2150円(2257円)
国土の三分の一をサハラ砂漠に飲み込まれてしまった、まさに西アフリカの秘境"マリ共和国"!!
そんな"マリ"の王家直系の子孫として世界中に名を轟かせたミュージシャンが、皆さんご存知の"サリフ・ケイタ"大先生!! ウン、ウン!!
そう、秘境に置いても音楽レベルの水準がグンバツに高き"マリ"にて、歌い奏でられてきた奇跡のサウンドを好き者"アラン・ビショップ"先生がまたしてもフィールドレコーディングした最高級にイケてる一枚がコイツ!!
当然ここ日本でのほほんと暮らす我々が耳にする事なんぞ、一生無かったであろう謎の楽器群による哀愁全開のサハラチューン、そして無邪気に遊ぶキッズ達によるカオスなコーラスワークの後ろで鳴り響く狂気の笛の音、さらに危険な叩き物の異様なナチュラルリバーブ具合等々......まだまだ世界は広いワケで、音楽は鳴り止む事が無いのである!! そうだろ、ベイベ!!??
そんなワケで、ボクの飽くなき探求はまだまだ続きそうである……… ENJOY MUCH NOISE!!
f0004730_16424557.jpg● GROUP DOUEH / GUITAR MUSIC FROM THE WESTERN SAHARA CD 2350円(2467円)
サハラの広大な砂漠の中から生まれ出た奇跡のギター職人"DOUEH(ドゥーウェイ)"君!! ジミヘンと"J.B"をこよなく愛す彼がいつの間にか授かった称号は"砂漠のジミヘン"だった!!?? そんな"砂漠のジミヘン"ことドゥーウェイ君を慕い集った仲間による孤高のカルトバンド"GROUP DOUEH"によるブッ飛び度2000%な恐怖のリアルエスニックサイケワールド炸裂アルバムがコチラである!!
そのグラングランにフランフランなエキセントリック感ビンビンに発信しまくり奇跡のグルーブを生みまくる奇跡のサイケサウンドに絡む、シャウトが一体何語なのかは全く不明では有るが、それでも大砂漠的(ラクダ的)発想の元、次から次へと繰り出される怒涛の暴走サイケサウンドに心は完全にサハラ砂漠へとブッ飛んでしまわざるを得ないのである!!
f0004730_194648.jpg● V.A / ETHNIC MINORITY MUSIC OF SOUTHERN LAOS CD 2300円(2415円)
少数部族による恐怖の宴を爆発的に収録した必殺の"ETHNIC MINORITY MUSIC"シリーズ"南ラオス"編!!
当然の如く、謎の楽器が爆発的に鳴り響きまくる恐るべき実況生中継な宴丸出し盤!!
ガムランに近い非常にディープな金属音と土鳴りが、完全に向こうの世界との橋渡しをしてしまう、部族総トランス状況を作り得るミニマルサイケの極地へとナチュラルハイにブッ飛びまくる恐怖の旋律がオンパレードされる69分46秒に普通の常識人なら「ウギャー!!(T_T)」なのである!! ユッルユルなボーカル(シャウト)が更なる恐怖を煽り、部屋で一人白昼夢を見る事間違い無し!!
完全に近代社会をシャットダウンした、リアルに"生きる"者のみが作り得る奇跡のサウンドがココに有りまする(T_T)ガオー
f0004730_12163527.jpg● DARA PUSPITA / 1966-1968 CD 2150円(2257円)
60'sインドネシアガレージシーンの至宝!!そうっ!! インドネシアがオランダから気合いの独立を成し遂げ、ご存知デビィ婦人の旦那"スカルノ"大統領が行った「指導される民主主義」体制の中、音楽を武器とし勇敢に立ち向ったのは"KOES兄弟"だけじゃなかったのでっす!!
"DARE PUSPITA"!!ギャルのみで勇敢に戦った伝説のバンド、遂に初(!)の再発でっす!! ウギャーーー(T_T)
炸裂する西洋ロックエッセンスにブレンドされた珠玉のインドネシアン魂!!!!!!イエイエェに煌めくゴーゴーチューンに華を添える、アジアンテイスト!!!!!!
もはや、カルトと言うだけでは済まされないクオリティ高き楽曲の数々に、私はただただ腰抜けまくり~~!!時としてカオス渦巻くサイケデリックにヤバき雰囲気も、十二分に渋いっ!!
いやっ、渋過ぎる!!
こんなとんでもないブツが、21世紀の現在まで再発されていなかったのが謎でっす、謎!!
f0004730_12182533.jpg● KOES BERSAUDARA / 1967 CD 2300円(2415円)
インドネシアがオランダから気合いの独立を成し遂げ、ご存知デビィ婦人の旦那"スカルノ"大統領が行った「指導される民主主義」体制の中、音楽を武器とし勇敢に立ち向った"KOES兄弟(BERSAUDARA)"!!
「"BEATLES"の曲を演奏した!!」ってだけで投獄されたロック魂溢れまくる、この兄弟バンドが1967年に放った幻の2ndアルバム「TO THE SO-CALLED "THE GUILTIES"」、そして同年リリースのミニアルバム「DJADIKAN AKU DOMBA MU」と言う、インドネシアロック史上に燦然と輝く名作二枚を完全コンパイルした嬉しいリイシュー盤がコチラ!!
哀愁のコーラスワークも泣かせまくる、当時のブリティッシュロックの美味しき所を完全に飲み込み、インドネシアなふりかけをマブす事により生まれた奇跡のサイケガレージロックチューンの数々………!!
"インドネシア"と言うキーワードを聞かなければ、最高級なカルトブリティッシュバンドとして十二分に楽しめる完成度の高さに腰抜け!!
そのメロディーセンスの妙!! もはや涙無しでは聴く事が出来ない哀愁ナンバーにロックに賭けた兄弟達の本気度が伺えるのである……(T_T)ガオー!!
f0004730_12222078.jpg● KOES PLUS / Dheg Dheg Plus & Volume Two CD 2300円(2415円)
コチラ上記"KOES BERSAUDARA"がメンバーチェンジし改名!!
そのまま「インドネシアのビートルズ!!」と呼ばれる大人気バンドに成ってしまった"KOES PLUS"の人気を決定付けた名作1st & 2ndアルバムを「バッシーーーン!!」っとまとめたコチラも嬉しいリイシュー盤!!
爆裂する"ビートルズ臭"に思わず笑ってしまいますが、当時は世界中のバンドがそうだった!!
だって日本のGSなんかモロじゃん!! それでも耳に残るキャッチーなメロディーセンス、そして爆裂するポップナンバーは魅力的過ぎる………
そして、"KOES BERSAUDARA"時代から一貫して放たれるメッロメロな哀愁メロに全ての女性ファンが「ズキューーン!!」された事でしょう!!
そして、ニ作共に好き者"アラン・ビショップ"率いる怪レーベル"SUBLIME FREQUENCIES"からのリリースってのも「ニヤリッ!!」ですね!!
by k-clubbarmyarmy | 2011-06-02 19:44 | noise | Comments(0)
<< あらほらサッサ~ぃ "メタルパンク&qu... >>