"THE BLUE HERB"でドーーーーン!!

f0004730_17555498.jpgf0004730_17555498.jpgf0004730_17555498.jpg
● THE BLUE HERB / PHASE 3.9 2DVD 4286円(4500円)
THA BLUE HERB活動第3段階目 a.k.a. PHASE 3(2007年~2010年)完了!
1MC1DJライブの限界の更に向こう側、ここが最終進化型 × 最高到達点、PHASE THREE POINT NINE!!!
2007年春、3枚目のアルバム「LIFE STORY」を発表以降、時間軸を活動第3段階目、すなわち「PHASE 3」とし、日本全国を1MC1DJで駆け抜けてきたTHA BLUE HERB。4枚目のアルバム制作を目前に控え、3年半続けられてきた、これまでのライブ修練の集大成を目指し、今年の春以降「PHASE 3.9」と名付け敢行されたツアーの模様を収録!! この別れの宴を後悔なきものにしようと、特別な記憶に残そうと、極北は北海道北見から南は沖縄辺野古の米軍陣地との境界ギリギリまで、目の前に5千人超えの野外フェスから100人で窒息満員の小箱まで、それぞれのステージ最前線で待ち合わせたTHA BLUE HERBとオーディエンス、伝説の半分ずつ。極東日本、真夏の灼熱のダンスフロアーへ次々に投下されていく青のクラシックス。改良と研磨を重ねられ遂に最終型となった新旧及び客演曲の数々。1MC1DJという最小の編成から最大を目指すコンビネーション。厳格なHIP HOPマナーに沿ったアレンジ。PAと照明の瞬間単位のシンクロ。訪れた街それぞれに用意されていたMC。その日の状況ごとに変化し交わされていく会話。実に11年を費やし、JAPANESE HIP HOP初となる47都道府県制覇を成し遂げた、当代随一のライブアクトの実力、それが巻き起こす熱狂、そしてオーディエンスとの間の信頼が、オフショットやインタビューを挟み、全て余すことなく映っています。
監督はTHA BLUE HERB「この夜だけは」のPVをはじめ、「77BOADRUM」(ボアダムス)など現在の日本の音楽シーンの中で確固たる仕事を残してきた映像作家であり、THA BLUE HERB、PHASE 3.9終焉の地、北海道北見まで共に足を運び、その最後までを見届けた男、川口潤。


初回限定で芥川賞作家モブノリオ氏とBOSSの対談DVD付です~!!
お早めに~!!


************************************************************************************************************************************************************
(↓) コチラも絶賛発売中!! ウギャーー(T_T)


f0004730_14405011.jpg● THA BLUE HERB / LIFE STORY CD 3000円(3150円)
遂に出てしまった我等が世代のサクセス番長"BLUE HERB"涙の最高級最新フルアルバム!!
全ての"熱き男"に捧げられる"BOSS"的「LIFE STORY」がメッチャクチャにクールな言葉でビッシビシに投げかけられるドラマチックかつ荒ぶる魂の叫び全開のリアルストーリー!! 更に深まる"ONO"氏のビート!! パーフェクツ(T_T)
もはやコノ"言葉"に感銘出来ない様な奴とは絶対に付き合ってられない強烈なメッセージの数々に俺はただただ泣くだけだった!!
ありがとう!! ありがとう"BLUE HERB"!!
勿論、俺は買いました!!
f0004730_16282130.jpg● THA BLUE HERB / 演武 - LIVE AT CORE 999.5.2 DVD 2667円(2800円)
そして長らく廃盤状態にあった奇跡の夜をキャッチした最高級ビデオが完全限定で遂にDVD化!! ウギャーー(T_T)
札幌のドン底な生活が一夜にして変わった"BLUE HERB"が勝負を賭け挑んだ初の東京ライブ!!
この一夜を皮切りに全てが変わった!! 日本のHIP-HOP史すら…………(T_T)

鬼気迫る緊張感の中、吐き出される数々の言葉に"東京"は飲み込まれて行く!!
そして、映像を見る私達も………!!

流れていく時と共に更に凄味を増す"言葉"、その全ては一人の男から放たれる!!
"ILL-BOSSTINO"……………。

"BLUE HRAB"の凄さを感じたかった、まずはコレを見よ!!
10年前でコレか…………(T_T)

by k-clubbarmyarmy | 2011-02-18 18:05 | noise | Comments(0)
<< 熱いロックの香りが、まだ耳に漂... みんなかんじ >>