"バッキバキ"の"ブレイクビーツ"から"極上"の"音響モノ"まで一挙再入荷でドーーーーン!!

f0004730_18404494.jpg● VENETIAN SNARES / MY SO-CALLED LIFE CD 1600円(1680円)
カナダの暴走ブレイカー"アーロン・ファンク"君が(自らの?)新レーベル"Timesig"第一弾として久々にアルバムをドーン!!
アルバム冒頭から可愛いピアノの音色で一気に心を和ませておいて、雪崩れ込む様に必殺の暴走ブレイクビーツへ!! ウギャーこの時点でテンションは一気にブチ上がり!! 部屋で大暴れ大決定っす!!
当然、次から次へと襲い掛かる変態度20000%な猛烈キチ●イ印な爆裂チューーンが部屋を粉砕!!もはやCDプレイヤーのスッタートボタンを押してしまった事を後悔!! 後悔!! また、後悔!! アヒィーーー(T_T)
アルバム中盤(6曲目)では初期の完全にイッてしまってた時代を彷彿させる逆切れチューンが炸裂!! グギャーー!!もはや頭の中は真っ白!! とても素面では居られないぜ、コノヤローーー!!
しかし次の曲で命の恩人(笑)"μ‐ZIQ"的哀愁全開ブレイクビーツを繰り広げ、号泣!! 号泣!! また、号泣!!そのままカオス撒き散らしながら終盤戦にドーーン!! 極悪にして狂暴!!
お馴染みの名曲「Hajnal」のバージョンⅡも披露し、大ラスにして本作最大のメガトンナンバーと成るタイトルチューンへ………其処に待っていたモノは…………!!??
感動以外の何モノすら無い奇跡のワビサビブレイクビィィーーーーツ!!!!!!アーロンのオッサン、やはり出来る変態でした!! 天晴!! 天晴!!
f0004730_18342642.jpg● saroos / see me not CD 1600円(1680円)
the Notwist、Iso68、Jerseyなどのメンバーによるドイツ産エレクトロニカ/ポストロック/ブレイクビーツトリオ"saroos"の2ndアルバムが、お馴染みエクセレ~ントな、音源をリリースし続ける異能派HIP-HOPレーベル"ANTICON"と、"the Notwist"のメンバー、そしてマネジャーによるレーベル"Alien Transistor"から"ODD NOSDAM"プロデュースでリリースされました~!!(共同リリースはThemselvesが the Notwistに参加した13&GOD以来!!)
ドイツのベルリンとヴェルハイムで録音され、アメリカのベイエリアはバークレイで"ODD NOSDAM"の手によってミックスされたこの作品、四つ打ちを基調に、民族音楽のようなヤクいビート、ハイハットのハイが際立つ生ドラムが立体的に絡んだリズムだけでも充分に楽しめるのですが、メロディが良いのは勿論の事、更にサンプリング+加工された妖艶な女性ボーカルを忍ばせり、ODD NOSDOMならではのLo-Fiエレクトロを絡めたり、などなど、本当エエ仕事してます~!!
最初にHIPHOPレーベルと言う括りから紹介はしてますが、そんな枠など飛び越えてポストロック、エレクトロニカ、クラウトロック、ノーウェーブまでをも飲み込んだ全8トラック!!
大推薦~!!
f0004730_18532527.jpgDIRTY THREE / CINDER CD 1650円(1732円)
オーストラリアが世界に誇る最高級にして最強のインストロック軍団"DIRTY THREE"2005年リリースの哀愁全開メロメロ号泣メガトン大傑作アルバム!!(7Th作品)
コレまでの"DIRTY THREE"の作品の中では曲の長さが全体的に短めで多く(全19曲)収録されてますが、その曲々がシッカリと連続性を持ったストーリーを奏でる一大叙事詩として完全に一体化し、聴く者全てを夢の世界へと誘ってくれる極上フワフワ物語に涙が止まりませんよ、ホンマにぃぃ~(T_T)
メロメロ音響派ファンは勿論、全ての音楽好きに聴いて頂きたい一枚だっす!!
f0004730_1952216.jpg● EFTERKLANG / tripper+springer 2CD 1750円(1837円)
今年(2010年)、極上レーベル"LEAF"から"4AD"へと移籍した、デンマークから世界中の音響ファンに向け極上サウンドを発信し続ける恐怖の音響オーケストラ集団"EFTERKLANG"が、1stアルバム"tripper"と1stアルバム以前にリリースされていた名作ミニアルバム"springer"をセットにしてスペシャルエディションでリリースしてしまいました~!!(ちなみにジャケはtripper仕様)
しかも、レアなライブテイク二本、16ページのブックレット付きとファン泣かせな内容に愕然(しかも2枚でこのお値段!!)!!
ストリングスがエェ~味出しまくりの壮大なシンフォニックアプローチ×フワッフワッのエレクトロサウンドに妖しく儚い女性ボーカルと優しく包み込むオッサン"ダンディー"ボイス、この後リリースされる2ndアルバム"PARADES"と比べるとエレクトロニカ色が強く、個人的には"springer"が一番好きなアルバムでっす!!
音響/エレクトロニカファンは勿論、この秋どっぷりセンチメンタルな気分に浸りたい方にも!! 大推薦!!

by k-clubbarmyarmy | 2011-01-20 19:08 | noise | Comments(0)
<< "MATTEAH B... "ドヨ~ン"... >>